海外旅行の保険が付く、クレジットカードは、やはりお得! - 銀行振込、ATMや、コンビニでの入金および出金、両替の手数料を払わずに、美味しいメリットまで獲得する方法

海外旅行の保険が付く、クレジットカードは、やはりお得!

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の補償額は、複数のクレジットカードを合算することが可能です。

どんな補償が、付いているかと言うと、
まず1番最初に、思い浮かべるのは、何と言っても、死亡保険ですよね。
海外に滞在中に、事故で死亡した場合、または、後遺症が残ったときに、傷害死亡・後遺障害保険が適用されます。

次に、海外旅行中に起きたケガや、かかった病気に対して、治療費が、傷害・疾病治療費用として、支払われます。(※海外で、本人が立て替え払いをし、帰国後請求する手続きが発生します。)

3番目に、自分の持ち物を盗まれたり、壊されたときに、携行品の損害賠償が適用されます。
私は、飛行機にキャリーバッグを預けたときに、乱暴に扱われて、取っ手の部分を、壊されたことがあります。

4番目に、お土産店で、うっかり、商品を壊してしまったときや、他人を怪我させたり、他人の所有物を壊してしまったときに、損害賠償費が支払われます。

5番目に、めったにありませんが、遭難や、災害など、緊急でヘリコプターを呼ぶときにかかる運搬費用や、家族友人に助けに来てもらう場合にかかる費用として、救援者費用が付帯されています。

基本3ヶ月以内ですが、上記の場合には、それぞれ、保険金が支払われます。

多くの人が、まず最初に気にする海外旅行中に死亡した時に発生した補償金は、全保険料のたった1割程度にしか、なりません。3ヶ月以内の海外滞在中に、死亡する可能性は、かなり低いと言うことです。

実際に、保険が使われている割合として多いのは、怪我や、病気の治療費で、次に携行品です。
ケガや、病気の治療費の補償額は、それぞれ、1回ごとに最大補償額が適用されます。
ですので、1回のケガで、最大限度額の費用がかかったとしても、
同じ旅行中に、出くわした次のケガでも、また、同じ最大限度額まで補償されます。

そう考えると、クレジットカードは、持っておいた方が安心できます。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。