他行へ振込手数料を支払わないで済む方法 - 銀行振込、ATMや、コンビニでの入金および出金、両替の手数料を払わずに、美味しいメリットまで獲得する方法

他行へ振込手数料を支払わないで済む方法

なるべく、支払いたくない手数料を、支払わないで済む方法が、いくつかありますのでご紹介します。

(1)ゆうちょ銀行
・ゆうちょダイレクトを使うと、ゆうちょ銀行同士での振込手数料が、月5回まで、無料となります

(2)住信SBIネット銀行
・無条件で、月3回まで、他行への振込手数料が無料になります。

(3)野村信託銀行
月30回まで、他行への振込手数料が、無料になります。
ネットオークションなどで購入する機会が多い方には、おススメです。

(4)ソニー銀行
・無条件で、月1回まで、他行への振込手数料が、無料になります。

(5)大和ネクスト銀行
・無条件で、月3回まで、他行への振込手数料が、無料になります。

(6)新生銀行
・無条件で、月3回まで、他行への振込手数料が、無料になります。

下記のオプションがあります。
・預けている資産額によって、最大月10回まで、他行への振込手数料を無料にすることができる段階制の仕組みがあります。
・投資信託を30万円以上を預けていると、月5回まで、他行の振込手数料が、無料になります。

余談ですが、
新生銀行には、2週間の定期預金があります。
金利が、普通の定期預金よりも高くて、流動性もありますので、すぐに使わない資金があれば、2週間だけ定期預金に預けておくと、少しですが、収入を増やすことができます。

(7)楽天銀行
給与や年金の受け取りの口座にしておくと、月3回まで、他行への振込手数料が無料になります。
使わなかった振り込みの回数を、2回まで繰り越しが出来て、最大5回まで、無料にできます。

同じ楽天銀行同士での振込は、回数制限が無なく、何回でも、振込手数料が無料です。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。